引越しで遠距離移動する場合の単身引越し料金

引越しの中でも最も多いのは単身者の引越しです。
学生が引越しをすることもあれば、単身赴任で全国的に転勤をしなければいけない人がいるので、ファミリーの引越しよりも単身引越しの方が多い計算になります。
また単身引越しの場合は、長距離で移動することも多いので、引越し業者に引越し作業を依頼しても費用が掛かりやすくなります。

 

たとえば単身引越しの長距離移動として、東京大阪間の相場を調べてみたところ、荷物を梱包するダンボールを自分で用意したとして、平日引っ越し業者の好きな時間に引越し作業をお願いしていた場合は、2万5,200円程度ですが、ダンボール以外にも冷蔵庫や洗濯機、家具などの運送をお願いする場合は平日の場合でも単身パックの台車にすべての荷物を収納できない可能性がありますので、単身パック専用台車を2台用意してもらうことになり、約6万4,400円という相場になっています。

 

ここからさらに単身パックの台車に収納できるサイズのダンボールを購入する場合は、ダンボール購入費用もかさみますから、10万円以上の出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

もちろん単身引越しパックを安く提供している引っ越し業者もあって、クロネコヤマト引越しセンターと日本通運で単身パックを利用すれば長距離であっても引越し費用を節約することが可能です。
ですが単身引越しの最大のコツとしては、やはり根本的に運送しなければいけない荷物を極力少なくするに限るのではないでしょうか?

 

引越し 遠距離 単身

管理人・珍源才イチオシ!【引越し価格ガイド】

引越しで遠距離移動する場合の単身引越し料金

いま引越しの一括見積り比較サービスでユーザー満足度1位のサービス。
累計紹介件数が1,500万件以上だから、いかに利用者が多いかがわかるネ。


もちろん利用は無料で、ものの1分でサクッと見積もり申し込みできるから何も難しくないアルヨ!
最大50%の割引もありうるから、使わないとモッタイナイおばけ出るヨ!


引越しで遠距離移動する場合の単身引越し料金

赤帽と提携している唯一のサービス【HOME’S】

引越しで遠距離移動する場合の単身引越し料金

単身者や学生の引越しで人気の赤帽の見積もりが取れるのはこの【HOME’S】だけ!


料金の割引率にかけては【引越し価格ガイド】に劣らないのも魅力アルネ。
最安値を追求するならここも同時に申し込んじゃうのも一つの手アルヨー!


引越しで遠距離移動する場合の単身引越し料金

料金比較といえば・・・の【価格.com 引越し】

引越しで遠距離移動する場合の単身引越し料金

各種商品の料金比較や、食べログで磨き上げた高度な検索&絞り込み技術!


もちろん、ユーザーは簡単な項目を入力するだけでOKアルネ。
荷物の量が決まってなくても概算見積もりが可能というのが嬉しいアルヨ〜!


引越しで遠距離移動する場合の単身引越し料金